上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
適材適所な道具を使って地球とあそぼう!IMG_0355.jpg
スノーボードのサーフライドをイメージして。。
イメトレとしてサーフィンしてるプロボーダーが多いです!

話が変わるけど。
父の日に。。もらったFCSフインケース
リコメンドフィンとマイチョイスのフィンや工具、WAXが入っています。
この時点で結構マニア臭が出ているかも・・・
IMG_0416.jpg

で、ついでにフインに関して。。少々
フィンはボード性能に大きく影響を与えます。
私、サーフィンのプロでもFINデザイナーでもないけど、ここは誰にでも一番わかりやすいとこだと思います。

グラスオンタイプかBOXタイプしかなかった時代。。。
BOXのシングルFINで取り付け位置を前後させて、その波のコンディションに合わせるんだぞっ!
って先輩に教えられました(感謝)。。
2009061918020000[1] 090429_1149~0001
※オンフィンタイプ(L)とFCSシステム(R)のボード

それから軽量で水流抵抗の少ないオンフィンのスラスター(トライフィン)にが主流になって。。
色々なボードに乗りました。。
しかしフィンはボードの形状や使用コンディション合わせ、シェイパーの理論が反映され決められてますので素人には触れない領域でした。

私が波乗りを、お休みしている間の10年?時代は変わって。。
取り外し可能なFIN-SYSTEMが主流になり、EMKもそのボードを手に入れました。
あまり出かけませんが。。飛行機を使うサーフトリップの時のパッキングが楽になりました。。
なによりFINの形状を変えることで。。
理論的にも1本のボードで対応できるコンディションレンジが広くなりました。

フィンを変える楽しみ方は色々・・・
前と後ろでフィンの大きさを変えたり、柔らかさを変えたり、素材を変えたり。。見た目を変えたり。。
つけたフィンによって感触がどのように変化するかを楽しんだり・・海に行くのが楽しくなります。。

だらだら何が言いたかったのか。。
当初ケースの自慢をしたかった(笑)んですが。。。
つまり、サーフィンもスノーボードも同じ自然の中で遊ぶ道具!
もっと道具をいじり倒して楽しく自然に溶け込ませてもらおう!って事です。

Shaka!
EMK100%
スポンサーサイト

08/11|SURF||TOP↑
プロフィール

ESC

Author:ESC

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。